仮面ライダードライブ 感想 9話あらすじ「どうすればクールボディになれるのか」|仮面ライダードライブ ネタバレ感想情報局
So-net無料ブログ作成
検索選択

[写真]

仮面ライダードライブ 感想 9話あらすじ「どうすればクールボディになれるのか」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仮面ライダードライブ 感想 9話あらすじ「どうすればクールボディになれるのか」
の記事に関してお届けさせていただきます。

前回のおさらいはこちら♪
仮面ライダードライブ 感想 8話あらすじ「その胸に宿る秘密とはなにか」

仮面ライダードライブ 感想 9話01

【ドライブ専用ドッグ】
ベルトさんより、シフトカーの紹介をされる。
そして、 第3のボディになるシフトテクニックだった。

テクニックにはクールな心が求められるというベルトさん。
試してに変身しようとする進ノ介だったが、
まったくシフトが動かず、失笑されてしまうのだった。

その時、ブレイバーが反応してドッグを出て行く。

【夜の住宅街】
ブレイバーが駆けつけ、家屋から出ていた火を消す。
しかし、怪しい男が悔しそうに現場を去っていくのだった。


スポンサーリンク



静かな怒り、クールなタイプテクニック!!

【特状課】
西城が眠たい目をこすりながら入ってくると、
これから出動が有るとのこと。
火災現場に重加速現象が検知されたとの事だった。

急ぎましょうと言う霧子に対して、
落ち着けとクールを装う進ノ介だったが、
測定器を忘れて、慌ててしまう。

【トライドロン車内】
車内でクールになる男という本を見つける霧子。
それをみて思わず吹き出してしまう。

【火災現場】
火災現場で重加速の測定を開始する進ノ介だったが、
そこにおもちゃを持った少年とぶつかってしまう。

投げ出されてしまったおもちゃだったが、
焦げているのに気づく進ノ介。
これが壊れたのは何時頃か聞き、7時頃だという少年。

少年が去った後、ネクタイを締め直す進ノ介。
ギアが入ったのだった。
火災が起きた現場を全部調べればきっとなんか掴めると
確信したのだ。

【高架下でのバトル】
そこに通りがかった2人の男に話しかける進ノ介だったが、
男達はどんよりを発生させる。
高い身体能力で男達を追いかける霧子。
男達はロイミュードへと正体を表し、
進ノ介も仮面ライダードライブへと変身するのだった。

仮面ライダードライブ 感想 9話06

3体のロイミュードに苦戦するもドライブだったが、
新たな力シフトテクニックを使おうとするも
やはりシフトは全く動かない。

仕方がなくタイプワイルドに変身し、
1体ロイミュードを撃退するものの
ベルトさんに実に知的でクールな戦いだったね
と皮肉を言われてしまうのだった。

残り2体を倒そうとするも、
瓦礫によって怪我をした作業員を助けるために、
ロイミュードを逃すのだった。

【とある廃車工場】

仮面ライダードライブ 感想 9話07

ボルト人間態の前に魔進チェイサーが現れる。
処刑を待ってくれるように言うボルト。
その言葉に処刑を見逃すも、甘すぎるかと自問自答する。

ボルトと魔進チェイサーの会話を
聞いてしまった、おもちゃを持っていた少年、輝彦。
発明おじさんと慕っていたが正体を知られてしまい、
不気味に少年に近づくのだった。

【特状課】
進ノ介の推理は空中放電だった。
コンセントに繋がっていない電化製品も燃えていることから、
そう判断し、数々の証拠から間違いはなさそうだった。

火災現場の中心を放電現場だとすると、
西城により現場が特定され、進ノ介と霧子は現場に向かうのだった。

【とある廃車工場】
進ノ介と霧子がたどり着くと、
怪しい機械に捕まった輝彦少年を発見する。

ボルトは、街中の電気を装置によって盗んでいたのだった。
しかし、実験は失敗し結果電流が逆流し火災になったのだ。

電気を集める装置を抜いたため、
もうじき大爆発が起きると笑うボルト。

仮面ライダードライブ 感想 9話12

進ノ介は、怒りで頭がシーンと冷えることもあるんだなと、
いつもと違う感じだった。

シフトテクニックを取り出し、
今度は無事にシフトが動く。
ついに第3のボディ、タイプテクニックへと変身したドライブだった。


スポンサーリンク



正体は秘密、絆を結んだ進ノ介!

【とある廃車工場】

仮面ライダードライブ 感想 9話13

タイプテクニックの姿に驚くボルト。
ドライブは装置を分析しながらボルト達を攻撃する。

解析完了しブレイバーにタイヤコウカンし、
輝彦少年を救いながら、同時に装置を破壊するのだった。

その様子に、逃げようとするボルト。
輝彦を霧子に託し、ボルト達を追いかける。

トライドロンで射撃し、ボルトの足を止める。
更にトライドロンもタイプテクニックへと変形をする。

仮面ライダードライブ 感想 9話14

ボルトはチップをロイミュードに託し、空から逃げようとするも、
トライドロンのタイヤ攻撃によって、倒されてしまう。

ドライブは残るボルトとバトルを開始する。
初めてのタイプテクニックの試運転に付き合えよと、
ローリンググラビティによって、動きを止め、撃退するのだった。

【闇の中】
ボロボロになりながら、ハートにチップを渡し、
絶命するロイミュード。

仮面ライダードライブ 感想 9話15

そのチップを見ながら不敵に笑うハートだった。

【病院にて】
無事に退院をした輝彦少年。
仮面ライダーの正体を知った輝彦だったが、
進ノ介と絆を結ぶのだった。


仮面ライダードライブ 感想 9話あらすじ「どうすればクールボディになれるのか」
の記事をお送りいたしました。
ここまでお読み頂きありがとうございます。

それでは、次回、
仮面ライダードライブ 第10話「ベルトの過去になにがあったのか」
にて、再びお会い致しましょう。

前回までの感想/考察やネタバレや関連記事はこちら♪

仮面ライダードライブ 各話のあらすじネタバレ一覧
仮面ライダードライブ 各話の感想/考察一覧
仮面ライダードライブ 感想 10話「ハートの力!ドライブの危機」
仮面ライダードライブ 感想 9話「新たなるボディ!精密な攻撃力」
仮面ライダードライブ 感想 8話「友情再び!霧子の想い」

[写真]

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

[写真]

Copyright © 仮面ライダードライブ ネタバレ感想情報局 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。